大量の油による胃もたれに効く胃薬

2019年07月19日
薬を飲む男性

若い時には、何を食べても平気だったのに、歳をとってくるとしょうかがわるくなってきて、特に油ものを多くとりすぎると、次の日に胃痛がするとか胃もたれするとか感じる人は少ないです。
以前と同じようなものを食べていたのに、症状が出るなんて歳をとったなあと思う人も多いはずです。
胃の中には、胃酸があり、これが食べ物の消化に大きくかかわっています。
若い時には、この胃酸の分泌が問題なくても、歳をとってくると胃酸の分泌がわるくなり、その結果消化不良を起こしてしまう。
また胃の動きが弱くなって、消化運動自体に時間がかかるようになり、胃もたれが発生してしまうのです。
このような時にどのように対処したらよいのでしょうか。
手軽に自分で対処できることは、市販薬の胃薬を飲むということです。
でもドラッグストアや、スーパーに行っても胃薬の数が多過ぎてどれを選んでよいのか分からないという人もいます。
そんな時には、在中している薬剤師に聞いて選んでもらうのが一番ですが、胃薬に関する知識を持っているだけで、自分でも選べるようになってきます。
胃薬の中には、胃酸を出すようにするものや、胃の粘膜を修正してくれるもの、分解を助けるものなど様々なものがあります。
その中でも油に聞くものは、脂肪の分解を助ける作用のある脂肪消化酵素を含む薬です。
また油の分解を助ける胆汁の分泌を良くしてくれる薬も効果的です。
消化剤の薬は古くから使われており、安全性も高くその効果も高いです。
また比較的どこでも購入できます。
重要なことは、薬によって食前や食後に服用するものなどその飲み方が違うことがあるので、薬を購入した際には、用法にしたがって正しく飲む必要があります。